G System(TC electronic)にするかボードを組むか

G System(TC electronic)の導入を検討する場合というのは、おそらく「現状のマルチエフェクターの音に満足できず、ワンランク上の音を求めている」場合や、「ボードを組んでいるんだけども、エフェクターをもっと増やさなければならない」場合などではないかと思います。

 

 

良い音(=好みの音)を求めるには、やはり好きなペダルを使うのことが一般的ではありますが、ニーズによってはG Systemの方が良い場合もあります。

 

 

ここでは、主にボードを組む場合との比較をベースとして、G Systemを導入するメリットについて見ていくことにしましょう!

 

 

G System(TC electronic)にするかボードを組むか

 

 

TC electronicの空間系ペダルが好きならG Systemの導入はあり

私がG System(TC electronic)を使って、最初に感じたことは、それぞれのエフェクターのサウンドが非常に素晴らしく、クオリティが高いということ。

 

マルチエフェクターというか、各エフェクターに妥協がなく、高品位なコンパクトエフェクターが集まったものといった感じ。

 

 

ただ、もちろん、いくら高品位な音だとしても、それが自分の好みのサウンドでなければ、使えないと思います。

 

ですが、自分の場合、TC electronicの空間系エフェクターが好みだったこともあり、G Systemは、最高のエフェクターとして使えています。

 

TC electronicの空間系が嫌いならG Systemの導入はやめた方がよいかも。

 

逆に、好みであれば、G Systemの導入がおすすめできます!

 

 

G Systemに歪み系が入っていないが理にかなっている

”空間系が”と言ったのは、実は、G Systemには、歪み系が入っていないのです。

 

それは、多くのギタリストは、歪みサウンドに拘るためで、『歪みは、好みのギターアンプなり歪みペダルなりを使ってください』とギタリストの好みに任せているからです。

 

マルチエフェクターの歪みって、気に入らないと全く使えませんからね。

 

 

マルチエフェクターのこういった部分が嫌で、好きなコンパクトエフェクターを集めて、ボード組むギタリストが多いと思いますから、G Systemに歪みがないのは、実に理にかなっている設計と言えるのではないでしょうか。

 

 

ボードを組むよりコスト的に安い

好きなコンパクトエフェクターを集めてスイッチャーを使ってボードを組んでいる人は、もちろん、それでも良いと思うのですが、G Systemの音が気に入るのであれば、こちらの方がコスト的にも良い気がします。

 

ボード組むと、コンパクトエフェクターの他にも、プログラマブルスイッチャーやら、ペダルトレインやら、パワーサプライやら、色々必要になってきちゃいますからね^^;

 

そうなると、こうしたもの一体になっているG Systemを買った方が、トータルでだいぶ安くなると思います。

 

 

筐体は大きいがボードを組んだ場合と変わらない

G System(TC electronic)にするかボードを組むか

 

また、G Systemの筐体は、大きくて重たいと懸念される方もいますが、結局、ボード組んでしまうと、あんまり変わらないんですよね。

 

むしろ、どんどん大規模化していくボードよりも、サイズが決まっているG Systemの方が、コンパクトに押さえられるとおもいます。

 

また、G Systemの方が、歪み系ペダル意外は、パッチケーブルを作らなくて済む分、楽ですね。

 

 

私もボードは組んでいて、やる音楽の幅が広がってきてしまって、新たにエフェクターを増やしたいと思っていたのですが、今後さらにエフェクターが必要になるかもしれないと思い、それだったらと早々にG Systemに乗り換えました。

 

 

これから10年は使える

これまで見てきたようなの利点の他にも、G Systemはギターアンプまでトータルで考えられている”超”マルチエフェクターです。

 

=>【詳細】TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できる

 

 

私自身は、G Systemを購入して大満足しており、大変気に入っており、おそらく、あと10年は使い続けることができると思います。

 

ですから、『まだ自分が使うには早い、高品位な機器』だと考える必要はないと思いますよ。これからギターを続けていくことを考えれば、早々にG Systemを導入して良いと思います。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる