歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策

エフェクターの中でも特に歪み系ペダルは、ギタリストにとって、エレキギターのサウンドを作り出す重要なアイテムです。故に自然と増えてくるエフェクターではないでしょうか。

 

曲やパートによって音色を使い分けるために、エフェクターボード内にいくつも歪みペダルを入れておくことは、ごく一般的かと思いますが、それらをONにして直列に繋いでも良いものかどうかという疑問を抱く人も多いことでしょう。

 

ここでは、歪みペダルを複数台ONにする意味と、それによる音質劣化対策について見ていきたいと思います。

歪みペダルを複数台直列に繋ぐ意味

まず、複数台直列でONにすることについて、結論から言うと、全く問題ないですね。実際、多くのプロのギタリストもそうしてますし、目的があって直列に繋ぎたいのであれば、「繋ぎ過ぎ?」と気にすることなく、積極的に行ってください。
ただし、闇雲に繋ぐのではなく、それぞれを「どう使うか」というのが重要になってきます。

歪み量を増やす

鳴らしたい歪みペダルがあって、単にその歪み量を増やしたいという場合です。

 

この場合、単純にすべての歪みペダルをフルドライブで繋ぐというのは、いかがなものかなと思います。もちろん、それで良い音が鳴るのであれば良いのですが、一般的には歪みペダル同士の相性などもあって、音が喧嘩してしまうこともあるでしょう。

 

メインとなる歪みを後段に配置し基本的となる音を作っておいて、前段の歪みペダルの設定は「ドライブをゼロに近づけ、レベル(音量)を上げる」というブースター的な使い方をするとよいでしょう。こうすることで、音色は前段のペダルによる影響は受けるものの、メインとなる歪みの質そのものを大きく変えることなく、歪み量を増やすことができます。

音色を変える

メインとなる歪みの音域をコントロール(イコライジング)するために、前段に歪みペダルを加えるという使い方もあります。

 

ギターソロなどで中音域を強調したいけど、メインする歪みペダルだと低音域が強く出過ぎてしまう場合には、前段に中音域が強く出る歪みペダルを持ってきます。前述した歪み量を増すと組み合わせれば、ミッドブースターといった使い方になります。
ちなみに、BOSSのオーバードライブなんかは、繋ぐだけでも余計な低音域や高音域がカットされるので、こうした使い方にも適しているでしょう。

 

低音域や高音域を強調したい場合にも同様です。
メインとなる歪みペダルに付いているツマミでは、調整しきれない、または、適切な帯域が調整できない場合、前段に調整の効く歪みペダルを置いて調整します。
前段ペダルで、低音域を強調してレベルをあげてブーストさせれば「ローブースターまたはボトムブースター」、高音域を強調してブーストさせれば「トレブルブースター」となります。

 

また、「歪みの質はAのペダルが良いけど、音域の個性はBのペダルが良いんだよなー」といった場合にも、複数台組み合わせミックスさせてみましょう。
それぞれの音がミックスされるため(基本的には後段に繋いだペダルの方が優先される)、狙い通りに「好いとこ取り」はできませんが、組み合わせによって極上のサウンドに変貌することもあります。

歪みペダルを複数台ONにするデメリット

歪みペダルを直列に複数台繋いだ場合のデメリットは音の劣化ですね。

 

エフェクターの品質や個性などによるため、一概には言えませんが、普通は複数台程度であれば、あまり気にすることはないかもしれません。
ただし、他のエフェクターも含めて5台以上同時にONしなければならない場合には、大なり小なり音は劣化し音痩せやハイ落ちが気になってきます。目的を持ってペダルを組み込んでいる以上、どれもペダルを外すことはできないと思いますので、音質の劣化対策をしなければなりません。

シールドを良質で短いものに変える

現在使用しているシールドが安いものであれば、良質なシールドに交換するだけでも、だいぶ音質の劣化は防げます。良質といっても何も1万円を超えるような高額なシールドにする必要はありませんが、千円以下で買えるようなシールドはやめた方がよいでしょう。

 

また、エフェクター間を繋ぐシールドに長さは不要なので、もし必要以上に長いものを使っているのであれば、数十cm程度の短いパッチケーブルに変えてしまいましょう。シールドは長くなればなるほど劣化が顕著に現れるので、特にエフェクター同士を繋ぐシールドは必要最小限の長さになるようにすることが大切なのです。

 

自作すれば良質なシールドを必要な長さで用意することができるので、挑戦してみてもよいかもしれません。『ギターシールドの自作のやり方』も参考にしてみましょう。

劣化はバッファーを導入して解決

シールドだけでは防ぎぎれない音の劣化は、バッファーを使って解決します。バッファーというのは、ザックリ言うと、スカスカに痩せ細ってしまった音を、元気にしてくれるという装置です。とても地味な装置ですが、音の劣化が激しくなるほど、効果を発揮します。

 

ちなみに筆者自身は、CAJ(カスタムオーディオジャパン)のIN AND OUTというバッファー兼ジャンクションボックスを使っています。
こいつの良いところは、その名の通り、インプット部分とアウトプット部分でそれぞれバッファーをON/OFF出来る点ですかね。このバッファーを使うときには「エレキギター⇒IN AND OUT(CAJ)⇒エフェクター⇒IN AND OUT(CAJ)⇒ギターアンプ」にように繋ぐのですが、エレキギターからの入力(インプット)部分で予め劣化しやすい帯域を増強しておき、ギターアンプへの出力(アウトプット)部分で再度補強し、二重でバッファーをかますといった使い方ができるわけです。
【サウンドハウス】CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) / IN AND OUT
【サウンドハウス】CUSTOM AUDIO JAPAN ( カスタムオーディオジャパン ) / IN AND OUT

 

まとめ

ここまで、歪みペダルを複数台繋ぐ意味や、音質劣化対策についてみてきました。
歪み系ペダルは単体で出したい音が出るのであればそれがベストですが、ほとんどの場合は「もう少し○○の音を調整できたらよいのに」などという部分が出てきてしまいます。そこで、足りない部分は別の歪みペダルで補うことで出したい音に近づけることができるのであれば、複数台の歪みペダルを同時に使用するというのは大アリなのです。あとはバッファーなどを用意して音痩せ対策を講じればOKです。

 

ただし、『単体だと物足りないから』『他のギタリストがやっているから』などと、漠然とした考えで何台も繋いでいる場合、いつまでもエフェクターの使いこなすことはできません。
もしも、このように目的もなく複数台同時ONしていたのであれば、少しは考えながら足元に置いた方がよいですね。何故ONしなければならないのかをよく考えながら使ってみると、そのエフェクターの”自分にとっての良さ”を知るきっかけにもなるでしょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターVSコンパクトエフェクター
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる