スイッチャーとは!?エフェクターをより快適に切り替えよう!

スイッチャーとは
エフェクターが増えてくる音の劣化が気になったり、足でエフェクターを操作することが忙しく無理が生じてくることがあります。そこで重宝する機器がスイッチャーです。

 

スイッチャーは大別すると、ループ・スイッチャーとプログラマブル・スイッチャーの2種類があります。
そもそも、スイッチャーは切り替え器を意味するので、広義の意味ではラインセレクター(ABボックス)も含まれると思います。ですが、一般敵にスイッチャーという言い方をした場合、ループ・スイッチャーとプログラマブル・スイッチャーの2種類を指すことが多いかと思いますので、ここでは2種類のスイッチャーについて見ていくことにします。

 

用途や目的によって、ループかプログラマブル・スイッチャーのどちらが最適か変わってきますので、それぞれの特徴をよく理解しておくことが大切です。

ループ・スイッチャーとは

1つ目のループ・スイッチャーですが、これは基本的には音痩せ対策に使うスイッチャーです。

 

例えば、チューナー、ディストーション、コーラス、フランジャー、ディレイの5つのエフェクターを使っているとします。
スイッチャーがない場合、これら5つのエフェクターをシールドで直列に繋ぐことになります。そのため、音の流れは、OFFにしているエフェクターがあったとても、必ず5つ全てのエフェクターを経由することになるので、その分音が劣化することになります。

 

ループ・スイッチャー
しかし、ループ・スイッチャーを使えば、不要な(OFFにする)エフェクターを経由しなくなります。ディストーションとディレイだけ使いたいのであれば、他の3つのエフェクターは経由しなくなるので、その分音の劣化が軽減するというわけです。

 

上記の図例では、ループ1にチューナー、ループ2にディストーションという具合に、1ループ1エフェクターで繋いでいますが、1ループ内に2つ以上のエフェクターを繋ぐことも可能です。一緒に使うことが多いエフェクターは、同一ループ内に纏めておけば、スイッチャーのフットスイッチ1つ踏むだけで同時にONにすることもできます。

プログラマブル・スイッチャーとは

2つ目のプログラマブル・スイッチャーは、何といってもコンパクトエフェクターをマルチエフェクターのように使用することが可能になる点が最大の魅力でしょう。
その他にも、スイッチャーの機種にもよりますが、各エフェクターに電源を供給するDC電源を搭載していたり、他の機器を操作するMIDI機能などなど、とても多機能なスイッチャーが多いです。
ここでは、プログラマブル・スイッチャーの主な機能についてみていくことにしましょう。(機種によって異なるので購入の際は目的の機能を搭載しているか確認しましょう)

音色の1発切り替えができる

スイッチャーを導入していない場合や、ループ・スイッチャーを使用する場合、切り替えたいエフェクターの分だけフットスイッチを踏まなければなりません。
例えば、曲中に、歪み1+フランジャーから歪み2+ディレイへと切り替えたい場合、歪み1とフランジャーをOFFにして歪み2とディレイをONにするため、最大計4回もフットスイッチを踏む必要があります。これだと、足もとの操作がとても忙しくなりますね。

 

しかし、プログラマブル・スイッチャーを使えば、このような問題を解決することができます。プログラマブル・スイッチャーは、事前に使用するループを保存して各スイッチに割り当てておくことができます。そのため、フットスイッチを1回踏むだけで、マルチエフェクターのように一気に音色を切り替えることが可能になります。

 

バンク切り替えが可能なものであれば、スイッチ(プリセット)数×バンク数と、かなりのパターンを保存しておくことが可能です。

MIDI操作でアンプチャンネルの切り替え

プログラマブル・スイッチャーは、MIDIアウトを搭載し他のMIDI機器を操作できるスイッチャーが多いです。
MIDI対応しているギターアンプであれば、スイッチャーのスイッチ1発でアンプ・チャンネルの切り替えを行うことができるようになります。

ギターアンプのセンドリターンを使える独立ループ

プログラマブル・スイッチャーには、独立ループ(セパレートループ)を設けているスイッチャーがあります。独立ループは、そのスイッチャーの通常(シリアルループ)のイン・アウトとは独立した別のループです。
例えば、空間系エフェクターなどを独立ループに接続、ギターアンプのセンドリターン間に配置することができ、スイッチ一発でエフェクターを切り替えられます。他にも、他のバンドメンバーのエフェクターを独立ループに繋いでおけば、一緒に音色(エフェクター)切り替えるといった使い方もあります。
先ほどのアンプチャンネル切り替えと合わせて使えば、スイッチャーだけでギターアンプの歪みをより活かした使い方ができるようになるのです。

チューニングに無音になるチューナーアウト

ライブ中にチューナーでチューニングをする場合、音が鳴っては困ります。そこで役に立つ機能がチューナーアウトです。
チューナーアウトを活用すれば、無音でチューニングができるので、わざわざボリュームペダルで音を下げる必要がなくなります。

定番のスイッチャー

Providence PEC-2

スイッチャーとは!?エフェクターをより快適に切り替えよう!
プロ、アマ問わず愛用者が多い定番中の定番のプログラマブル・スイッチャーです。
上述したプログラマブル・スイッチャーの機能の中では、他のエフェクター用のDC電源こそありませんが、プログラマブル・スイッチャーに必要な機能は網羅しているでしょう。
他には、リンク機能といって2台の同機種を連動させることができます。この機種は1台でシリアルループ5+独立ループ3の計8ループ使えますが、リンク機能を使うことによって16ループ使えることができるようになります。

Providence Pec-2を楽天で探す

BOSS ES-8

スイッチャーとは!?エフェクターをより快適に切り替えよう!
信頼のBOSS製のプログラマブル・スイッチャーです。
8ループ+1ループ(ボリュームペダル)の計9ループです。一見、独立ループがなさそうに見えますが、この機種は予めアンプのセンドリターンが使えるように設計されているので、その心配はありません。
また、エフェクター同士を並列に繋ぐことができるなど、様々な機能を兼ね備えた多機能スイッチャーです。高級機種のマルチエフェクターからエフェクト部分だけを取り除いたようなスイッチャーです。

BOSS ES-8を楽天で探す

スイッチャーまとめ

ここまで2種類のスイッチャーについて見てきました。
折角ならプログラマブル・スイッチャーを手に入れることをおすすめします。やっぱり曲中にエフェクターの1発切り替えが出来るのは大きいですね。他にも将来的に使えそうな機能を搭載しているスイッチャーを導入したいところです。特にギターアンプの歪みを使い分けたい人には、MIDI操作と独立ループの2機能は、スイッチャーに求める必須条件になるでしょう。

 

【ギター3弾セット】30日でマスターするギター講座DVD&テキスト初心者向けギターレッスン

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エフェクターとは何か!?エレキギターには必須の機材!
エフェクターの種類を徹底解説!ギターの音色がこう変わる!
マルチエフェクターとコンパクトエフェクターの違いとギター初心者へのおすすめ
マルチエフェクターおすすめ機種・後悔しないための3つのポイント
マルチエフェクターはセンドリターン端子が付いているものがおすすめです
エフェクターの繋ぎ方|基本的な接続順のセオリー
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(1/2)
イコライザー設定最高!音作りが上手くなりたいならコレ(2/2)
イコライザー設定-ギターアンプ前後!?目的別に操る!
ワウペダルのトレブルブースター的な使い方
これで理解できる!コンプレッサーの役割と効果的な使い方
DIABLO(OKKO)ハンドメイド歪みペダル購入しました!
歪み系ペダルを複数台直列に繋ぐ意味と音痩せ対策
激歪みペダル対決!riot vs ReezaFRATzitz II
フェイザーとフランジャーの違いは周波数を変化させるフィルター
多機能なモジュレーションペダルがおすすめです
ディレイとリバーブの違いがよく分かる!音源付きで解説!
ディレイ・エフェクターのおすすめ機種と選び方!
ディレイタイム計算機-クリックだけでさくっと算出!
ISPのDECIMATORが最強のノイズリダクション!コンパクト4機種の違い
ジャズコーラス使い方と音作りの方法JC120を徹底的に使いこなそう!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンド!
えっ!ジャズコーラスで出してるの?SS級の歪みサウンドU!
音を太くするには!?音が痩せてしまう原因を知りましょう!
ギターで音抜けが良いサウンドを作るには!?
安いギターの音質を劇的に向上させる方法
ザクザクした歪みを作る!イコライザーで2kHzをブースト
ブースター D.A-Booster これは虜になります!
クリーンブースターって?使い方とおすすめ機種
エレキギターの音作りの中心はエフェクターではない!
ギターアンプのヘッドルームを意識してエフェクターを設定しよう!
LINE6 AMPLIFi 150&75 これはヤバいアンプです…!!
LINE6 AMPLIFi 150もAMPLIFi 75も重量が軽い
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 アンプ背面(入出力端子と活用法)
LINE6 AMPLIFi 150&AMPLIFi 75 コントロールパネル
LINE6 AMPLIFi 150&75のサウンド
LINE6 AMPLIFiは膨大なエフェクターとアンプシュミレータを搭載
line6 amplifi 150&75 価格最安値通販
LINE6 AMPLIFI 150&75の口コミ情報
Line6・PODHD400のイケてないところ
アンプシミュレーターBIAS HEADが欲しすぎる!
polytune2格安通販(t.c.electronic)
iRig HD・多機能、低価格、使い方も簡単!
MSP3_DTMでアンプを使用しない場合のスピーカー
これは良い!高性能耳栓Crescendo
理想的なクリーントーンを奏でる音作りの基本
センドリターンの繋ぎ方と使う意味
ギターアンプのセンドリターンにコンパクトエフェクターを繋ぐ方法
TC electronicのG Systemは、アンプを最大限活用できるマルチエフェクターです
G System(TC electronic)にするかボードを組むか
G-SYSTEM (TC electronic)の充実した入出力端子
G-SYSTEMは分厚くて丈夫だけと、それが大きな欠点でもある
ノイズレスなG-SYSTEM!ノイズゲートが優秀すぎる
ブリッジミュートをカッコよくする!音作りのちょこっとしたポイント