同主調からの借用コードを理解しよう!

コード進行の基本は、ダイアトニックコードを使うことですが、実際、様々な曲の中には、ダイアトニックコード以外のコードも頻繁に使われています。

 

 

ダイアトニックコード以外のコードの使われ方としては、セカンダリードミナント、裏コードなどがありますが、同主調からの借用コードというものもあります。

 

 

ここでは、この同主調からの借用コードというものについて見ていくことにしましょう。

 

 

そもそも、同主調とは?

同主調というのは、同じトニックを持つ長調と短調のことです。

 

 

たとえば、トニックがCなら、CメジャーとCナチュラル・マイナーが同主調になります。

 

 

同主調からの借用コードを理解しよう!

 

 

同主調の借用コードの使い方

メジャーで進んでいくコード進行の中に、チュラル・マイナーのコードを、借用してくることができます。

 

 

借用コードを使うことで、明るい雰囲気の中で、一瞬だけマイナーの”うるっ”とくる切なく、泣きの雰囲気を作り出すことができるのです。

 

 

 

または反対に、ナチュラル・マイナーで進んでいく中で、メジャーのコードを一時的に借用してくることも可能ですよ。

 

 

こっちのケースでは、ナチュラル・マイナーの暗い雰囲気の中に、少し明るさを感じさせることができるようになるのです。

 

 

代表的な借用コード・サブドミナントマイナー

よく使われる借用コードの代表として、サブドミナント・マイナーがあります。

 

 

サブドミナント・マイナーというのは、メジャー進行の中で、ナチュラル・マイナー・スケールの4度上のコード(Wm7)を使ったときの名称です。

 

 

サブドミナント・マイナーは、頭文字をとってSDMと略記されることがあるので、あわせて覚えておきましょう。

 

 

同主調からの借用コードを理解しよう!

 

 

代理サブドミナント・マイナー

ナチュラル・マイナーのUm7(♭5)、♭Y△7、♭Z7も借用コードとしてよく使われます。

 

 

これらは、先ほどの借用コードであるサブドミナント・マイナー(Wm7)の代理コードになるんですよ。

 

 

そのため、代理サブドミナント・マイナーなんて呼ぶことがありますので、これも覚えておきましょうね。

 

 

 

「♭A△7→♭B7→C△7」のようなコード進行がよく使われるのですが、これは聴き手の期待を裏切る面白いコード進行なのです。

 

 

♭A△7、♭B7って、♭E△7をトニックにしたとき、サブドミナントとドミナントになるコードですよね。

 

 

なので、♭A△7→♭B7と来たら、♭E△7を期待しちゃうところなんですが、そこでC△7に行くことで、意外性を聴き手に与えることができるんですよ。

 

 

同主調の借用コードのまとめ

同主調の借用コードを入れてあげることで、一瞬雰囲気を変えたり、意外性のあるコード進行を作り出すことができます。

 

 

ダイアトニックコードだけでは単調だなと感じたら、効果的に借用コードを使ってあげるだけで、曲調がガラッと変わるので、ぜひ理解して使えうようにしておきましょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

音楽理論ってなんだ!?初心者から必要なのか
音楽理論は、メンバー間で明確に意思を交換し合う便利なコミュニケーション言語
いずれ作曲してみたいと思うなら、速効で音楽理論を学んでおくべし!
音って一体何なのさ!?
音の高さと周波数
音色、音量と周波数
度数って何?1/2
度数って何?2/2
周波数比率を検証してみた
キー(調)とは?メジャーキーとマイナーキー
ギターコード理論・トライアド
ギターコード理論・7thと6th
ギターコード理論・トライアド変形コード(sus4,aug,♭5)
ギターコード理論・テンションコード(9th、11th、13th)
ディミニッシュコードの構成音を理解しよう
パッシングディミニッシュとは!?その使い方を理解しましょう!
ギターコード理論・ダイアトニックコードとコードの役割
ギターコード理論・マイナーキーの場合は?
ギタースケール・マイナースケールが3つある理由とは?
ギターコード理論・セカンダリードミナント
裏コードってなんじゃらほい!?おしゃれなコード進行になりますよ♪
メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本
マイナー・ダイアトニックのときのコードスケール
マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ
セカンダリードミナント上で弾けるスケール