メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本

スケールには、イオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアンという7つのスケールがあることはご存知でしょうか。

 

 

コード進行に対して、メロディを乗せるときには、これらのスケールを使い方を知っていると、非常に便利です。

 

 

 

でも、名前は聞いたことはあるけど、それぞれの意味やコード上でスケールの使い方が分からない方も多いのではないでしょうか。

 

 

ここでは、この7つのスケールは、それぞれどんな意味があって、コード上でどう扱えばよいのかについて、基本的な内容について、解説していきたいと思います。

 

メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本

 

ダイアトニックコードとスケールの関係

そもそも、ダイアトニックコードはダイアトニックスケールを元に作られたコード

先ほどの7つのスケールを解説する前に、まず、ダイアトニックコードとダイアトニックスケールの関係について触れておく必要があります。

 

 

ダイアトニックコードって、もともとはメジャースケールやナチュラル・マイナースケールなど、ダイアトニック・スケールの音を元に、作ったコードですよね。

 

 

 

つまり、たとえば、Cメジャーのダイアトニック・コードが鳴っているときには、Cメジャー・スケールを弾けばよいことになります。

 

 

C△7でもDm7でもEm7でもF△7でもG7でも・・・、Cメジャーのダイアトニックなら、Cメジャー・スケールを弾くことができます。

 

 

メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本

 

 

コード進行のキーとスケール

G△7→C△7→D7→G△7というコード進行が合った場合、C△7のコード上では、どのようなスケールを弾けばよいか分かりますでしょうか。

 

 

C△7は、Cメジャー・スケールのダイアトニックコードなので、Cメジャー・スケールと言ってしまいそうですが、実は、この場合は、間違いです。

 

 

というのも、コード進行のキーを把握しておかなければならないのです。

 

 

 

G△7→C△7→D7→G△7というコード進行の場合、キーはGメジャーになります。そのため、ここでのC△7は、Gダイアトニックにおける4番目のコード(W△7)になると言えるのです。

 

 

つまり、Gメジャー・スケールを弾くというのが正解になります。

 

 

メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本

 

 

コードとスケール名が違うから分かりづらい

コードがC△7なのに、Gメジャースケールを弾くというと、少し頭が混乱してしまいそうになりますよね。

 

 

この場合は、ダイアトニックコードだからまだ良いのですが、借用コードやセカンダリードミナントなど、ダイアトニックコード以外のコードが入ってくると、さらに混乱してしまいます。

 

 

これは、コードとスケール名が違うために、訳が分からなくなってしまうんだと思います。

 

 

そこで、コードとスケール名を関連付けて、分かりやすくしようとする目的で、登場するのが、冒頭で出てきた7つのスケール名です。

 

 

メジャーダイアトニック上の7つのスケールを覚える

Cメジャー・ダイアトニックを例にすると、それぞれのコードに対して以下のスケールを弾くことができます。

 

C△7 …Cイオニアン
Dm7 …Dドリアン
Em7 …Eフリジアン
F△7 …Fリディアン
G7  …Gミクソリディアン
Am7 …Aエオリアン
Bm7(♭5) …Bロクリアン

 

これで、コード1つ1つに対して、スケール名を付けることができましたね。

 

 

メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本

 

 

これらのスケールは、すべてCメジャースケールと同じ音構成音になります。

 

 

 

ただ、考え方として注意しなければならないのが、それぞれのスケールの音の始点が変わります。

 

 

例えば、Dドリアンの場合はD(レ)から音を並べて”レミファソラシドレ”、EフリジアンならE(ミ)から並べて”ミファソラシドレミ”という具合になります。

 

 

まとめ

ダイアトニックコード上では、そのダイアトニックスケールが使えるけど、これだとコードとスケール名が異なるので、分かりづらい。

 

 

そこで、コードとスケール名を関連付けるため、イオニアン、ドリアン、フリジアン、リディアン、ミクソリディアン、エオリアン、ロクリアンという、7つのスケール名を使うんだということを学んできました。

 

 

 

これら7つのスケール名は、今後も理論を学んでいく上でも、アドリブや作曲をする上でも、覚えておかなければなりません。

 

 

毎日、念仏のように唱えていれば、1週間もすれば覚えられると思いますので、ぜひぜひ暗記してしまってくださいね。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

音楽理論ってなんだ!?初心者から必要なのか
音楽理論は、メンバー間で明確に意思を交換し合う便利なコミュニケーション言語
いずれ作曲してみたいと思うなら、速効で音楽理論を学んでおくべし!
音って一体何なのさ!?
音の高さと周波数
音色、音量と周波数
度数って何?1/2
度数って何?2/2
周波数比率を検証してみた
キー(調)とは?メジャーキーとマイナーキー
ギターコード理論・トライアド
ギターコード理論・7thと6th
ギターコード理論・トライアド変形コード(sus4,aug,♭5)
ギターコード理論・テンションコード(9th、11th、13th)
ディミニッシュコードの構成音を理解しよう
パッシングディミニッシュとは!?その使い方を理解しましょう!
ギターコード理論・ダイアトニックコードとコードの役割
ギターコード理論・マイナーキーの場合は?
ギタースケール・マイナースケールが3つある理由とは?
ギターコード理論・セカンダリードミナント
裏コードってなんじゃらほい!?おしゃれなコード進行になりますよ♪
同主調からの借用コードを理解しよう!
マイナー・ダイアトニックのときのコードスケール
マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ
セカンダリードミナント上で弾けるスケール