セカンダリードミナント上で弾けるスケール

今回は、コード進行の中でドミナントモーションを発生させる、セカンダリードミナント上では、どういったスケールが弾けるのか考えてみましょう。

 

 

使えるスケールは、ドミナントモーションする先のコードが、メジャーかマイナーかによって変わってきます。

 

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

 

ドミナントモーション先のコードがメジャーのとき

結論から言うと、ドミナントモーション先がメジャーコードのとき、弾けるスケールはミクソリディアンです。

 

 

これは、ドミナントモーション先のコードをトニック・コードとして考えます。

 

 

 

 

例えば、F△7にドミナントモーションするためには、F△7の前にC7をセカンダリードミナントとして入れますね。

 

 

キーがFメジャーで、F△7をトニックコードとして考えれば、C7はX7なので、Cミクソリディアンが弾けることになります。

 

 

ここがよく分からないという方は、まずは、『メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本』を読んでみてくださいね。

 

 

 

 

では、G△7のセカンダリードミナントD7上では、どんなスケールが弾けるでしょうか。

 

 

はい、Dミクソリディアンですね。

 

 

 

 

このように、ドミナントモーションでは、もとのコード進行のキーは考えません。

 

 

ドミナントモーション先のコードをトニックとして考え、メジャーコードのときは、ミクソリディアンが弾けるのです。

 

 

一時的に転調していると考えてもよいかもしれませんね。

 

 

ドミナントモーション先のコードがマイナーのとき

セカンダリードミナントは、メジャーコードだけでなく、マイナーコードに向かうこともありますね。

 

 

たとえば、Dm7に、セカンダリードミナントを使って、ドミナントモーションを起こすためには、A7が使われますね。

 

 

 

 

では、このようにドミナントモーション先のコードが、マイナー・コードの場合は、どんなスケールが弾けるでしょう。

 

 

これも、ドミナントモーション先のコードがメジャーコードの場合と同じように考えます。

 

 

A7→Dm7を例として考えると、Dm7をトニック・コードとして捉えると、これはマイナーキーと考えることができますね。

 

 

 

 

マイナーキーのV7上で弾けるスケールは、ハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウでしたね。

 

=>【参考】マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ

 

 

 

 

なので、A7→Dm7の場合は、A7上では、Aハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウが弾けるということになります。

 

 

まとめ

セカンダリードミナント上で弾けるスケールについて、理解は深まりましたでしょうか。

 

 

ポイントは、セカンダリードミナント上では、ドミナントモーション先のコードをトニックとして考えるということです。

 

 

その結果、セカンダリードミナント上では、ドミナントモーション先のコードが、メジャーコードならミクソリディアンが弾け、マイナーコードならハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウが弾けます。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

音楽理論ってなんだ!?初心者から必要なのか
音楽理論は、メンバー間で明確に意思を交換し合う便利なコミュニケーション言語
いずれ作曲してみたいと思うなら、速効で音楽理論を学んでおくべし!
音って一体何なのさ!?
音の高さと周波数
音色、音量と周波数
度数って何?1/2
度数って何?2/2
周波数比率を検証してみた
キー(調)とは?メジャーキーとマイナーキー
ギターコード理論・トライアド
ギターコード理論・7thと6th
ギターコード理論・トライアド変形コード(sus4,aug,♭5)
ギターコード理論・テンションコード(9th、11th、13th)
ディミニッシュコードの構成音を理解しよう
パッシングディミニッシュとは!?その使い方を理解しましょう!
ギターコード理論・ダイアトニックコードとコードの役割
ギターコード理論・マイナーキーの場合は?
ギタースケール・マイナースケールが3つある理由とは?
ギターコード理論・セカンダリードミナント
裏コードってなんじゃらほい!?おしゃれなコード進行になりますよ♪
同主調からの借用コードを理解しよう!
メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本
マイナー・ダイアトニックのときのコードスケール
マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ