ディミニッシュコードの構成音を理解しよう

ディミニッシュコードは、単独で使うと、独特の不安定で怖い響きがきますよね。

 

 

こうした響きを構成している音の正体は何なのか、見ていくことにしましょう。

 

 

ルートと3度の関係はマイナーコードと同じ

Bdimを例として見ていくと、その構成音は、「シ、レ、ファ」です。

 

 

ここで、ルートと3度の音である”シ”と”レ”の度数の関係を見てみると、「半音+全音」(マイナー3rd)の関係であることが分かります。

 

 

つまり、ルートと3度の関係だけ見ると、ディミニッシュコードとマイナーコードとの区別が付きませんね。

 

 

そこで、ルートと5度の関係を見ていきます。

 

 

ルートと5度の関係が特殊

ディミニッシュコードが、他のコードと違う点が、ルートと5度の関係です。

 

 

Bdimの”シ”と”ファ”は、「半音+全音+全音+半音」というインターバルになっていおり、減5度(ディミニッシュ5th)になっているのです。

 

 

 

マイナーコードなら、完全5度音程(半音+全音+全音+全音)になっているので、ディミニッシュコードは、半音1個分減っていることになります。

 

 

ここがディミニッシュコードの特殊なところと言え、あの独特な怖い響きを作り出している要因と言えると思います。

 

 

 

また、ルート+完全5度で構成されるパワーコードは、ディミニッシュコード上では使えないことが分かりますね。

 

 

なので、ディミニッシュコード上では、パワーコードを弾く代わりに、ルート+減5度で弾くことがよくありますよ。

 

 

ディミニッシュコードの4和音

ディミニッシュコードの4和音の場合、さらに減7度の音をプラスします。Bdimなら、「シ、レ、ファ、ソ#」になりますね。

 

 

面白いことに、構成音の4つの音は、とても規則正しく並んでいます。各音の関係が、「全音+半音」になっているのです。

 

 

ディミニッシュコードの構成音を理解しよう

 

 

ディミニッシュコードは3種類しか存在しない

この規則正しい性質は、Bdimと同じ構成音で、ルートを変えるだけで違うコードが出来あがります。

 

 

ルート音を、レにすればDdimになるし、ファにすればFdim、ソ#にすればG#dimになります。

 

 

つまり、「Bdim=Ddim=Fdim=G#dim」となります。

 

 

 

他のディミニッシュコードも同じように考えると、「Cdim=E♭dim=G♭dim=Adim」「C#dim=Edim=Gdim=B♭dim」という具合になります。

 

 

ディミニッシュコードの構成音を理解しよう

 

 

結局、ディミニッシュコードっていうのは、構成音を見れば3種類しか存在しないんですよ。

 

 

 

ちなみに、「Bdim=Ddim=Fdim=G#dim」のように同じ構成音で、名前が違うコードを「異名同和音」と呼んでいます。あわせて覚えておきましょう。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

音楽理論ってなんだ!?初心者から必要なのか
音楽理論は、メンバー間で明確に意思を交換し合う便利なコミュニケーション言語
いずれ作曲してみたいと思うなら、速効で音楽理論を学んでおくべし!
音って一体何なのさ!?
音の高さと周波数
音色、音量と周波数
度数って何?1/2
度数って何?2/2
周波数比率を検証してみた
キー(調)とは?メジャーキーとマイナーキー
ギターコード理論・トライアド
ギターコード理論・7thと6th
ギターコード理論・トライアド変形コード(sus4,aug,♭5)
ギターコード理論・テンションコード(9th、11th、13th)
パッシングディミニッシュとは!?その使い方を理解しましょう!
ギターコード理論・ダイアトニックコードとコードの役割
ギターコード理論・マイナーキーの場合は?
ギタースケール・マイナースケールが3つある理由とは?
ギターコード理論・セカンダリードミナント
裏コードってなんじゃらほい!?おしゃれなコード進行になりますよ♪
同主調からの借用コードを理解しよう!
メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本
マイナー・ダイアトニックのときのコードスケール
マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ
セカンダリードミナント上で弾けるスケール