ギターコード理論・テンションコード(9th、11th、13th)

 

トライアドは三和音、7thコードが四和音でしたね。

 

さらに音を足した五和音以上のコードが存在します。
それがテンションコードです。

 

 

ジャズなどでは頻繁に使われるコードですが、
ロックではそう多くは見かけないコードですね。

 

なので、テンションコードは、基本的な部分だけ説明しますね。
ジャズをやられる方は、ジャズの専門書などを参考にしてみてください。

 

 

まず、テンションというのは
「ナチュラルテンション」と「オルタードテンション」に分けることができます。

 

 

ナチュラルテンション

 

ナチュラルテンションというのは、9th、11th、13thの3種類あります。

 

9th、11th、13thの音は、ドをルート音とすると、レ、ファ、ラの音です。

 

 

テンションコードは、7thコードの上に音を足すというのが前提になっています。

 

7thより上の音になると、1オクターブ上になりますよね。

 

そのため、

 

2th、4th、6thと言わず、9th、11th、13thと呼んでいます。

 

 

また、前回の記事sus4というトライアドの変形コードがありましたね。
sus4=>メジャートライアド構成音の長3度を完全4度に変えたコード

 

11thは、7thコードにさらに音を足したテンションコードですから、
3度の音が含まれます

 

メジャー7thコードに11thのテンションを使うと、
長3度の音と半音差となり、音が濁ってしまいます。

 

そのため、

 

メジャー7thでは使われず、マイナー7thでのみ使われるのが一般的です。

 

 

 

オルタードテンション

 

オルタードテンションは、
ナチュラルテンションを半音ずらした音を足したコードです。

 

ナチュラルテンションを半音ずらした音は、重複する音がありますので、
オルタードテンションは「♭9th、#9th 、#11th 、♭13th」の4つだけです。

 

 

 

 

ナチュラルテンションもオルタードテンションも、五和音以上ですから、
ギターで全部の音を一度に押さえようとすると、どうしても無理なフォームとなってしまいますよね。

 

ピアノいる場合やベースがいる場合、またツインギターの場合は、バンド全体でコード感が出るようにすればいいので、コード構成音の省略が可能になります。

 

一般的にトライアド構成音のうち、ルートや5thが省略されますが、それでも、無理なフォームとなる場合は、テンションや7thの音を省略することもあります。

 

 

ちなみに弾き語りでギター1本の場合は、
ルート音や3度の音は省略しない方がいいですね。

 

コード感や短長の調が失われやすいですので。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

↓ポチッっとしてくれるとうれしいです^^ ブログのランキングがあがるようです。
 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

 

 

質問、疑問、感想、要望などありましたら、こちらより気軽にお問い合わせください。
http://hirotun-gt.com/mail/contact.html

いただいたメールはすべて目を通させていただいております。出来る限り早急に返信させていただきますが、1週間経ってもこちらから返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ではございますが、再度ご投稿お願いします。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

音楽理論ってなんだ!?初心者から必要なのか
音楽理論は、メンバー間で明確に意思を交換し合う便利なコミュニケーション言語
いずれ作曲してみたいと思うなら、速効で音楽理論を学んでおくべし!
音って一体何なのさ!?
音の高さと周波数
音色、音量と周波数
度数って何?1/2
度数って何?2/2
周波数比率を検証してみた
キー(調)とは?メジャーキーとマイナーキー
ギターコード理論・トライアド
ギターコード理論・7thと6th
ギターコード理論・トライアド変形コード(sus4,aug,♭5)
ディミニッシュコードの構成音を理解しよう
パッシングディミニッシュとは!?その使い方を理解しましょう!
ギターコード理論・ダイアトニックコードとコードの役割
ギターコード理論・マイナーキーの場合は?
ギタースケール・マイナースケールが3つある理由とは?
ギターコード理論・セカンダリードミナント
裏コードってなんじゃらほい!?おしゃれなコード進行になりますよ♪
同主調からの借用コードを理解しよう!
メジャー・ダイアトニック・コード上における7つのスケールの使い方の基本
マイナー・ダイアトニックのときのコードスケール
マイナーキーのV7上で弾くハーモニック・マイナー・スケール・パーフェクト5thビロウ
セカンダリードミナント上で弾けるスケール