ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴

ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴

 

ギブソン・レスポール・スタンダード2014では、近年のレスポール・スタンダードを継承しつつも、マイナーチェンジがなされています。仕様変更内容とともに、レスポール・スタンダード2014の特徴を見ていくことにしましょう。

 

 

 

レスポール・スタンダード2014 ネック周り

 

まず、ネック周りから。

 

60年代に採用されていたスリムテーパーという薄い「かまぼこ」のような形状をベースに、2008年スタンダードで採用された左右非対称なマホガニーネックとなっています。

 

また、2012年スタンダード同様、ロー・ポジションからハイ・ポジションに行くにつれてだんたんと平らくなっていく「コンパウンド・ラディアス」を採用し、ローズウッドが指板に使われています。

 

 

ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴

 

2014年は、ギブソン社が創業120周年を迎えることもあり、レスポール・スタンダード2014には、12フレットに120周年を記念するインレイが施されているのが特徴的です。

 

ネックとボディの結合は、2008年スタンダードから採用されているディープ・ジョイント方式。50年代のヴィンテージ・レス・ポールに近い、結合形状となっています。

 

ネック周りについては、インレイ以外、特別、真新しい仕様変更は、なさそうですね。

 

 

 

レスポール・スタンダード2014 ボディ

 

ボディの材は、レスポールを代表するマホガニー・バック+メイプル・トップ。

 

バック材のマホガニーは、近年のスタンダード同様に、現代的な軽量化されたボディ構造となっています。

 

2012年モデルで採用された『モダン・ウェイト・リリーフ』が採用しており、主にボディの外周部分をくり抜かれています。チャンバード構造に比べると、よりソリッドに近いサウンドを実現しています。

 

個体差もありますが、重量も4.0kg前後と、2012年スタンダードと比較すると、それほど変わりないようです。

 

ボディについても、大きな変更は、なさそうです。

 

 

トップ材のメイプルには、標準でAAAフィギュアドメイプルが使用されるなど、ルックス的には豪華な装いとなっています。

 

 

 

レスポール・スタンダード2014 電装類

 

ピックアップは、これまでと変わりなく、比較的高出力とされている「バーストバッカー・プロ」が搭載されています。

 

コントロール・ノブは、レスポールでは一般的な2Vol+2Toneですが、Volumeノブを引き上げることで、フロント、リアのコイルタップが可能となっております。

 

そして、フロントToneノブを引き上げれば位相の切替、リアToneを弾き上げればトーン・バイパスが可能になっており、多彩なサウンドを実現することができるようになっています。

 

また、Max Grip speed knobsと呼ばれる、コントロール・ノブに溝を作って操作性の向上に寄与しています。

 

 

 

レスポール・スタンダード2014 Min-Etune

 

ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴

 

スタンダード2014の標準的なモデルには、Min-Etuneという電池式の小型ロボットチューナーが搭載されています。

 

ペグに弦をセットし、希望するチューニングを選択して弦を弾くだけで、自動的に高精度なチューニングをしてくれます。

 

レスポール・スタンダード2014の大きな目玉となる仕様は、これでしょうかね。

 

 

ただし、通常のスタンダードよりも木目が美しいAAAAグレードのフィギュアド・メイプルの『スタンダード・プラス』や豪華なAAAグレードのキルトメイプルを使用した『スタンダード・プレミアム・キルト』というバージョンには、このMin-Etuneチューナーは搭載されていないようです。

 

スタンダード・プラスやプレミアム・キルトは、Min-ETuneではなく、ロック式のグローバーペグが採用されております。一般的には、グローバーペグの方が、より重厚で芯のある音色になる傾向にあります。

 

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!