ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

ギブソンSGスタンダード2015年モデルは、レスポールの生みの親であるレス・ポール氏の生誕偲んだ100周年記念モデルとなっています。

 

 

SGもレスポールの仲間であることを改めて思い起こされますね。

 

 

SGスタンダード2015年モデルでは、2Vol、2Tone、3Wayセレクター、マホガニーのネック、ボディなどいった伝統を引き継ぎつつも、細かなものから、ギブソンの攻めの姿勢を感じるような意外なものまで、数多くの改良が加えられています仕様変更がなされております。

 

 

特徴について、それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

100周年記念に相応しい豪華なビジュアル

プレミア感のある「Les Paul 100」のヘッドインレイ

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

2015年モデルでは、SGのスタンダードモデルには久しぶりになる、ヘッドのインレイに「Les Paul」ロゴが施されています。

 

パールが用いられた高級感ある指板インレイ

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

また、指板のインレイには、美しく高級感のあるパールが用いられており、武骨で男気を感じるSGに、気品と色気が加わっています。

 

高精度な自動チューニングシステム

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

8年間という長い歳月をかけて改良されてきた、最新の自動チューニングシステム(G FORCE)を標準搭載しています。

 

 

これにより、より早く、より正確なチューニングが出来るようになっています。

 

 

G FORCEの動作については、こちらの動画を見るとよく分かります。

 

 

 

意外性のあるゼロフレットナットを採用

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

ゼロフレットシステムをご存知の方は、これは意外で驚かれることでしょう。

 

 

今ではとても貴重な60年代を彷彿とさせるゼロフレットシステムを採用しています。

 

 

SGスタンダード2015年モデルでは、これによって、弦高を低く保ち、開放弦のピッチが安定するようになりました。

 

 

ゼロフレットシステムが何だか分からない方も多い思います。こちらの記事で詳しく述べていますので、参考にしてみてください。

 

=>ゼロフレットとはこんなシステムです!

 

サステインや倍音豊かなチタンサドルを標準搭載

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

ブリッジは、オクターブピッチ調整がしやすい一般的なチューン・O・マチック(TOM)ブリッジ。

 

 

SGスタンダード2015年モデルでは、これにチタンサドルを標準搭載しており、サステインや倍音が豊かになっています。

 

フィンガーボードの改良で演奏性が向上

SGスタンダード2015年モデルの攻めの姿勢を感じる幅広ネック

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

フィンガーボード及びネックの幅が広くなっており、相対的にネックが薄く感じ、演奏性の向上に寄与しています。

 

 

ただ、これについては、今までのSGスタンダードのイメージとは異なるため、賛否が分かれるところかもしれませんね。2015年モデルの攻めの姿勢がここに見えます。

 

ハイポジションが弾きやすいコンパウンド・ラジアス指板

12フレットからハイフレットになるにつれ、指板の丸みが平面に近づいていく、10-16インチのコンパウンド・ラジアス指板が採用されています。

 

 

コンパウンド・ラジアス指板は、プロユースで使われており、高い技術力がないと作れない技法です。

 

 

これによって、ハイポジションでも弦高を低く保つことができ、快適な演奏性能を実現しています。

 

厚みを増し、滑らかな運指を可能にした指板

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

SGスタンダード2015年モデルは、今までよりも指板の厚みが増しているということも特筆すべき点です。

 

 

オイル・トリートメントの向上が図られて、より滑らかなフィンガリングができるようになっています。

 

スピーディなフィンガリングができる低いフレット

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

SGスタンダード2015年モデルでは、「ゼロフレットアジャスタブルナット」や「コンパウンド・ラジアス指板」の採用によって、全体的に弦高が低くなっています。

 

 

これに対応するかたちで、フレットが27%低くなっており、よりスピーディなフィンガリングができるようになっています。

 

電装系の改良変更で音質を向上

新設計の出力ジャック

ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル

 

アウトプットジャックも新しいデザインとなり、音の信号をよりしっかりと伝えられるように改良変更されています。

 

伝導性高い配線

また、内部配線にも配慮されており、今までよりも太くて伝導性の高い配線材が使用されています。

 

前作を踏襲

57Classicピックアップ搭載

ピックアップは、フロント・リアともに、SGスタンダード2013年モデルから搭載されている、ハムバッキングピックアップでは出力が低めな「57 Classic」が採用されています。

 

コイルタップ機能

ボリュームポットには、2014年モデルに装備されたコイルタップ機能が採用されており、シングルコイルのサウンドも選択できるため、幅広いサウンドが作り出せます。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!