フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

フェンダーのテレキャス(メキシコ製)をサウンドハウスで購入し、海外取り寄せで1か月半ほどかかると言われていましたが、1か月もかからずに無事我が家に届きました^^

 

 

フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

 

 

実は、ギターをじっくりと弾くための、まとまった時間がとれなかったので、しばらく箱を開封させずに、そのまま放置していました^^;

 

 

本日、ようやく開封することができ、ギターを弾く時間が確保できましたので、早速レビューをしたいと思います。このエレキギターはおすすめですよー

 

 

フェンダーメキシコ・テレキャスの外観

真っ白なボディカラー

フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

 

 

新品ピカピカで、真っ白なボディのテレキャスターが出てきました!

 

 

このフェンダーメキシコ・テレキャスターのカラーは、アークティックホワイトという色です。

 

 

真っ白にこだわっていたため、変にクリーム色っぽい感じだったら嫌だなと心配していたのですが、開封すると求めている色が出てきたのでホッと一安心。

 

ヘッド部の刻印

フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

 

 

ヘッド表面だけを見ると、フェンダー・テレキャスターという文字だけなので、米国コロナ工場で造られたフェンダーと区別が付きません。

 

 

メキシコのエンセナダ工場で造られたギターも、フェンダー社が管理しているということが、こうした部分からも窺えます。

 

 

フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

 

 

ヘッドの裏側を見ることで、メキシコ製であることが分かります。

 

「MADE IN MEXICO」の文字とシリアルナンバーが刻印されています。

 

 

6連サドルが嬉しい

フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!

 

 

このテレキャスターのスペック上でおすすめできるところは、最初から6連サドルが搭載されているとこですね。

 

 

一般的に、フェンダーのテレキャスターは、3連サドルのものが多く、1つのサドルに2つの弦が乗っかっているため、チューニングするのが難しいですよね。

 

 

そのため、6連サドルに交換する人が多いのですが、これは有り難いです。

 

 

弾き心地は良い

レスポールから持ち替えても違和感ないグリップ感

自分は、FUJIGENのレスポールタイプのギターを愛用しています。

 

そのため、テレキャスターに持ち替えたときに、ネックのグリップ感などに違和感が出ないか気になっていたのですが、まったく問題なかったです。

 

 

セカンドギターとして、テレキャスターを考えている人にも、このフェンダーメキシコのギターは、おすすめ出来るかな。

 

まぁ、もちろん、極太ネックとか、とても厚みがあるネックからの持ち替えだと、慣れが必要になるかもしれませんが。。。

 

 

バレーコードが押さえやすい

弦のテンションも強過ぎず弱過ぎず、ネックのシェイプも良く、ローフレットでもハイフレットでも、バレーコードがとても弾きやすいエレキギターだなと感じました。

 

初心者の方などにも、1本目としておすすめ出来るテレキャスターだと思います。

 

 

フェンダーメキシコ・テレキャスのサウンド

クリーントーン

フルボリューム、フルトーンで、各ピックアップ(フロント、フロント+リア、リア)を、クリーントーンで鳴らしてみましたが、とても響きが綺麗です。

 

シングルコイルなので当たり前かもしれませんが、結構強くピッキングしても音が歪みません。

 

また、コードを弾いた時に、音の分離感が良く、弾いていてとても心地よいサウンドがします。

 

自環境では、ローがほど良く出ていて、ペラペラな音にはなりにくく、音に立体感のようなものがあり、さらに音が前に出てくるというような印象を受けました。

 

 

意外に、センター(フロント+リア)の音が気に入りました。クリーントーンのコードやアルペジオは、しばらくこれを多用します。

 

 

歪みサウンド

カラッとしたテレキャスらしいサウンド

歪ませて弾いてみると、カラッとした感じが強調されるような印象です。

 

 

特に、クランチ系気味でコードを弾くと、とても気持ちが良く、満足度の高いサウンドです。

 

フェンダーのアメデラと弾き比べたわけではないので、また違った音だとは思いますが、このメキシコ製もテレキャスっぽさを感じます。

 

 

音の立ち上がりは良く、アタック感があるので、カッティングがバッチリ決まってくれます。あまりに気持ちよかったので、30分くらいひたすらカッティングしてました^^;

 

 

結構歪ませても使える

また、音の分離感が良いので、ある程度強めに歪ませた場合でも、コードでしっかりと各弦が響きますし、フロントのピックアップで低音弦を弾いても、音が汚く潰れることはなく、十分使える音だと思います。

 

 

シングルコイルにも関わらず、ノイズもさほど気にならなかったので、配線とかもしっかりしてるんだろうなぁと感じました。

 

 

まぁ、でも、テレキャスなので、当然ですが、ハードロックやヘビメタなんかをやるには、おすすめ出来ませんよ^^;

 

 

総評

このクオリティで、5万円で買えたのは、ちょっと驚き。大満足です!

 

 

予算に余裕がある方や、本物志向な方は、迷わずアメデラを買えば良いと思います。

 

ですが、低予算でテレキャスっぽさを求めているのであれば、このフェンダーメキシコのギターが、おすすめですね。

 

FENDER (フェンダー)テレキャスターStandard Telecaster Arctic White

 

【サウンドハウス】FENDER (フェンダー)テレキャスターStandard Telecaster Arctic White【送料無料】

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!