フェンダー・テレキャスターの特徴

テレキャスターは、
フェンダー社の創設者であるレオ・フェンダー氏によって開発されたエレキギター。

 

こんな形のギターです。

 

 

フェンダー・テレキャスターの特徴

 

 

テレキャスって、なんだかオシャレなイメージがあるんですよね。

 

渋めのボディカラーだとレトロな感じが出るし、原色系でも女の子が持っているとそれだけで現代的でガールズバンド感が出ませんか。部屋に置いてあるだけでも、オシャレ〜って感じ出ますよね。

 

まぁ、個人的な勝手な印象なんですけど。。。

 

 

さて、そのテレキャスなんですけど、1950年の発売当初は、「ブロードキャスター」って名前だったみたいですね。でも、この名称がグレッチのドラムセットと同じだったみたいで、フェンダー社は抗議を受けちゃったようです。

 

 

あらあら…

 

 

それで、翌年には「テレキャスター」という名前に改名することになります。

 

でも、「ブロキャス」より「テレキャス」の方が響きが良いし、ギターのシンプルさがマッチしている気がするので、結果的に良かったんじゃないかな^^;

 

 

 

テレキャスは、エレキギター史上ではじめて大量生産に成功したモデルで、
この成功を受けて他社も、それまでの伝統的な工法を大きく変える起点となります。

 

 

それまでは、ネックとボディをニカワで接着するという方式がとられていました。

 

テレキャスは、ネックとボディを別々に作って、
最終的に木ネジで繋ぐという製法(デタッチャブル方式)であり、
現在では各社でも多く採用されている製法となりました。

 

 

テレキャスのボディ構造は、とてもシンプル。

 

ボディが真っ平らな形状が特徴的です。

 

ギブソンのレスポールのように、
ボディ表面をなめらかな曲面仕上げする手間を省いているわけですね。

 

この辺りは、見た目の好みが大きく分かれるところかな。

 

 

ネックも、メイプル材に直接フレットを打ち込んだワンピースネックで、
指板を貼り合わせていませんでした。

 

ピックアップもシングルピックアップを2基搭載していて、
一般的なストラトの3基と比べるとシンプルですね。

 

 

ふむふむ…

 

フェンダー社は、このようにしてコストダウンや大量生産を図っていったわけですな。

 

 

 

悪く言うと手抜きか…
と思われてしまいそうですが…

 

 

「ジャキジャキ」としたサウンドで、高域に独特な個性を持つ音色、音の立ち上がりが早く、コードを弾いたとき1音1音の音の分離が良いも特徴的です。

 

そのため、歯切れの良いサウンドを出したいとき、特にコードカッティングに、非常にマッチしており、今なお人気があります。

 

メタルなどへヴィーに歪ませるような演奏スタイルには向いていないと感じますが、

 

ロック、パンク、カントリーなどでクリーントーンや比較的軽めの歪みでコードや
アルペジオなどを多用するスタイルの方にはピッタリのモデルと言えるでしょう。

 

 

サウンド面でも私がオシャレに感じる理由かもしれません。。。

 

 

 

テレキャスを購入するうえでの注意点としては、サドルかな。

 

フェンダー・テレキャスターの特徴

 

3連になっているものは、1つのサドルに2つの弦が乗っているので、オクターヴ・チューニングが合わせにくい(=ハイポジションが音痴になる)。

 

実用性を考えれば、6連サドルのテレキャスを選んだ方がよいでしょう!

 

 

 

 Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する はてなアンテナに登録する  バザールブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する

 

↓ポチッっとしてくれるとうれしいです^^ ブログのランキングがあがるようです。
 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

 

 

質問、疑問、感想、要望などありましたら、こちらより気軽にお問い合わせください。
http://hirotun-gt.com/mail/contact.html

いただいたメールはすべて目を通させていただいております。出来る限り早急に返信させていただきますが、1週間経ってもこちらから返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ではございますが、再度ご投稿お願いします。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!