フェンダー・ストラトキャスターの特徴

 

ストラトキャスターは、フェンダー社から1954年に登場したエレキギターです。

 

フェンダー・ストラトキャスターの特徴

 

今では、フェンダー社以外のメーカーからも、ストラトキャスタータイプのギターは、製造・販売されており、どこの楽器屋でも行けば必ず目するタイプです。ギブソン社のレスポールと並んで、エレキギター界では、世界的にも、これまでの歴史の中でも、ずっと人気のあるエレキギターです。

 

私が所有しているエレキギターのうち、3本はこのストラトキャスタータイプのギターで、長いこと愛用しています。

 

厳密に言えば、ストラトキャスターという名称は、フェンダー社のモデルであるため、他社のこのタイプのエレキギターは、ストラトキャスタータイプと呼びましょう。

 

 

 

フェンダー社は、ストラトキャスターの製造で、その前に発売したテレキャスターの構造をもとに、更なる簡略化を図ります。

 

今では当たり前のように行われていますが、シールドを抜き差しするジャックを外せば、ピックガードと一緒にピックアップやボリューム・コントロール、ピックアップ・セレクターなどの電装部品を外す事ができるように工夫しました。

 

電装部品とボディ、ネックを、それぞれ別々の工程で作れるようになり、修理や改造が簡単にできるようになったのです。

 

 

ストラトキャスターの特徴・形状

 

ストラトキャスターの形状面の特徴としては、なんと言っても、ネックとの接合付近のボディがくり抜かれていて、角にようなものが2本ある点でしょう。(ダブル・カッタウェイと言います)

 

私が最初に買ったエレキギターは、ストラトキャスタータイプなのですが、選んだ理由は、単純にこの角がカッコいいと感じたからからです。

 

 

レスポールと比較すると分かると思いますが、ストラトキャスターは、ダブルカッタウェイのおかげで、ハイポジションでも親指をネック上部にかけることができるので、ハイフレットを多用するギターソロなんかは、とても弾きやすいということが、演奏上の大きな利点です。

 

 

また、シールド・ジャックは、テレキャスターの場合ボディ表面に対して垂直に挿すんですけど、ストラトはシールドを斜めに指すことができます。

 

他のモデルでも大多数は、ストラトと同じタイプですね。

 

 

ストラトキャスターの特徴・材

 

ボディの材質は、当初はアッシュ材が使われていましたが、後にアルダーやバスウッドなども用いられるようになります。

 

ストラトタイプのギターは、今では色々なメーカーで作られているので、ボディ材のバリエーションは豊富ですよ。私のシェクターもボディ表面はメイプル材だし。

 

好みで選びましょう!
(材質ごとの違いはコチラで紹介→エレキギター・ボディ材と音の特徴

 

 

ネックの材質は、最初はメイプル1ピースが主流でしたが、指板の汚れや剥がれが気になるとの声があって、ローズウッドなどを指板としてネック材に貼りつけたモデルが生産されるようになります。

 

現在では、メイプル1ピースも、ローズウッドなどの指板を張ったタイプも、両方とも作られています。>

 

ストラトキャスターの特徴・ピックアップ

 

ストラトキャスターのオリジナルモデルでは、通常シングルコイルのピックアップをを3基搭載していますが、これらはピックアップ・セレクターで、使用するピックアップを切り替えることができます。

 

初期のモデルでは、選択肢は3つ(フロント、ミドル、リア)の3WAYでしたが、現在では、2つのピックアップをミックスする(フロント+ミドル、ミドル+リア)選択肢を加えた5WAYが一般的です。

 

多彩な音色を出すことが出来るので、そこもストラトの大きな魅力ですね。

 

 

シングルコイルは、ノイズを拾いやすい、出力が弱いところが弱点でもあります。

 

これを補うかたちで、各社からオリジナルのストラトからの派生モデルとして、ピックアップをハムバッカーピックアップにしたモデルも発売されており、今ではこれも定番化されています。

 

フロント ミドル リア 略称
シングル シングル ハムバッカー SSH
ハムバッカー シングル ハムバッカー HSH
ハムバッカー ハムバッカー ハムバッカー HHH

 

ハムバッカーピックアップが載っているストラトは、
多ジャンルに対応できるのでとても便利。

 

私がメインで使っているシェクターはHSHなんですけど、ハムバッカーをシングルコイルに擬似的に切り替える『タップスイッチ』というものが付いていおり、これはライブではとても便利なのでおすすめです!

 

 

ストラトキャスターの特徴・トレモロユニット

 

ストラトキャスターで革新的だったのが、『シンクロナイズド・トレモロ・ユニット』というものです。

 

これは、ブリッジに取り付けられている『トレモロ・アーム』と呼ばれる棒(取り外し可)を、右手で押したり引いたりすることで、激しいビブラート効果を得たり、音程を変化させることができるので、演奏の幅がグッと広がります。

 

 

ストラトキャスターが発売される前にも、バネを利用したビブラート・ユニットが既に出ていたのですが、構造が複雑であり扱いにくいという欠点がありました。

 

 

 

ストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロは、構造がシンプルで、尚且つ音程を変化できる幅が大きいので、当時は革新的な部品であり、現在に至るまで数多くのギタリストに支持されています。

 

 

ストラトキャスターの特徴・サウンド

 

同じ材で作ったとすると、
テレキャスターよりはストラトの方が柔らかい音と言われています。

 

これは、電装類を収納するための空間やトレモロユニットのバネを収納するための空間など、ボディに空洞があるため。

 

ピックアップや材、ギターそのものによっても音色が異なるので、一概には言えませんが、レスポール、テレキャスなどと比べるとイメージ的には以下のような感じかな。

 

ご参考程度に

 

音の太さ、低域の鳴り
レスポール >> ストラト(H・PU) >> ストラト(S・PU) > テレキャス

 

ジャキジャキ感、高域の抜け
テレキャス > ストラト(S・PU) >> ストラト(H・PU) >> レスポール

 

 

 

 

オリジナルのストラトのピックアップは3つ同じものが取り付けられていることが多いのですが、ポジションによって全く違う音が出ますよ。

 

  • リアピックアップ  … 高域に抜けが良く「ジャキジャキ」としたサウンド
  • フロントピックアップ… 高域の成分が少ない甘い音
  • センターピックアップ… その中間的な音

 

さらに、フロント+センター、センター+リアのミックスサウンドもあるので、
音色のバリエーションがとても豊富になりますね。

 

 

メンテナンス性に優れている

ストラトキャスターは、ネックとボディがネジで留められているだけなので、もしもネックが折れてしまった場合などは、簡単に新しいものに交換できるというメリットがあります。

 

また、ピックアップやボリュームやトーンノブが、ネジでピックガードに取り付けられているので、こうした部品も、半田付けができれば、簡単に交換することができます。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!