フェンダー・ジャズマスターの特徴

1958年にフェンダー社から発表されたジャズマスター。

 

フェンダー・ジャズマスターの特徴

 

現在は、テレキャスターストラトキャスターがジャズで使用されることがありますが、当時はこれらフェンダーのギターをジャズで使うギタリストは少なかったみたい。

 

ストラトやテレキャスは高域に特徴があって「ジャキジャキ」したサウンドが特徴ですが、この音がジャズなどのジャンルでは受け入れられず、ギブソンのレスポールが高いシェアを占めていたんですね。

 

 

フェンダー社としては、そんな状況は当然面白くないので、ジャズに対応できるエレキギターを作ってやろうってことで誕生したのが、ジャズマスターってわけです。

 

ジャズに対応するために生まれたジャズマスターですが、

 

現在ではジャズに関わらず、ベンチャーズのようなサーフ系ミュージック、ガレージ・ロック、オルタナティブ・ロック系、大胆に歪ませてジャカジャカかき鳴らすシューゲイザーなどなど、

 

多ジャンルのギタリストにも使われていますよ。

 

 

1980年頃に一時製造中止になってしまうんですけど、再販して欲しいとの声が途絶えることはなく、1986年からフェンダージャパンにて、1999年にはフェンダーUSAからも再生産・販売が行われています。

 

 

とは言っても、レスポールやストラト、テレキャスに比べると、ジャズマスター持っている人は少ないけどね。

 

だから、他の人と差別化を図るには良いギターだなぁと感じますね。

 

 

ただ、

 

メタルやハードロック系のジャンルを演奏するには、扱いにくいとは思いますが…

 

その辺りも含めて、
ジャズマスターの構造やサウンドの特徴について見ていきましょう。

 

 

 

ジャズマスターの構造(左右非対称のボディ)

 

まず、ボディの見た目は、左右が非対称になっていますよね。

 

これは、座って演奏するときにも、安定してギターを持つことができるように(オフセットウエスト)と考慮して作られています。

 

特に宅録派には有りがたい構造ですね。

 

 

 

ジャズマスターの構造(プリセットスイッチ)

 

何やらボディ6弦側にスイッチみたいなものがありますね。

 

フェンダー・ジャズマスターの特徴

 

 

これは、プリセットスイッチといって、バッキング向けとソロ向けなどの
音色を瞬時に切り替えることが出来るスイッチです。

 

 

具体的には、これをオンにすることで、

 

マスターボリュームやトーンコントロール、ピックアップセレクターは無視されて、
フロント・ピックアップが選択され、横にあるプリセット・ボリューム、プリセット・トーンコントロールで設定したサウンドに切り替わってくれます。

 

 

最近では、プリセットスイッチを使わない人は、
音質向上のためにこの配線を外してしまう人がいるみたいですが…

 

曲中にピックアップやトーンなどを頻繁に変える人には便利な仕様ですよね。

 

 

 

ジャズマスターの構造(フローティング・トレモロ)

 

ストラトキャスターに搭載されている「シンクロナイズド・トレモロ」とは違い、
「フローティング・トレモロ」を搭載しています。

 

トレモロアームを使ったときに、音程の変化がより滑らかに変化してくれます。

 

 

でも、残念ながら変化できる音程幅が小さいんですよね。

 

これはアーミングを多用する人には結構なデメリットかもしれませんね。。。

 

 

アームを使わない人は、トレモロユニットを排除して「テールピース・プレート」というものに交換している人も多いようです。

 

交換するメリットとしては、チューニングが容易になる、チョーキングしたときなど音程が安定する、サステインが向上するといったメリットがあるようです。

 

 

 

ジャズマスター・サウンドの特徴

 

ピックアップは、シングルコイルが搭載されていますが、ストラトキャスターなどのシングルコイルよりも大きいですね。

 

こいつは、ギブソン社のシングル・ピックアップのP-90というピックアップに近い形状を持っています。

 

通常のシングルピックアップと比べると、コイルの巻き数が多くて、出力が高いという特徴があります。

 

そのため、ストラトやテレキャスよりも太くて甘いサウンドを出すことができます。
それでいて、高域の煌びやかさやアタック感も兼ね備えています。

 

 

とは言え、レスポールなどのハムバッカーより出力は低く、高域の出方もストラトやテレキャスほどシャープなフェンダーサウンドではありません。

 

 

フロント・ピックアップでは、甘いトーンを、
リア・ピックアップでは、ワイルドで歪ませても非常に荒々しいサウンドを
奏でてくれるところが、ジャズマスターの大きな魅力でしょうね。

 

 

1音1音の音の分離が良いのですが、その分サスティンが短いです。
シングルコイルなので強く歪ませるとノイズやハウリングを起こしやすいこともあって、ヘビメタやハードロック、ブルースにはあまり向いていないと言えますね。

 

 

 

 Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する はてなアンテナに登録する  バザールブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する

 

↓ポチッっとしてくれるとうれしいです^^ ブログのランキングがあがるようです。
 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ 

 

 

質問、疑問、感想、要望などありましたら、こちらより気軽にお問い合わせください。
http://hirotun-gt.com/mail/contact.html

いただいたメールはすべて目を通させていただいております。出来る限り早急に返信させていただきますが、1週間経ってもこちらから返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ではございますが、再度ご投稿お願いします。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!