フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)

フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)

 

 

ジャガーは、
1962年にフェンダー社から最上位の機種として発売されたエレキギターです。

 

発売された当初は、特にサーフ系ミュージックで人気がありました。

 

 

ところが…

 

ロックに求められているサウンドは、時代ととも変化していきます。
ジャガーの人気は衰えていき、ついには1975年に製造が中止になってしまいます。

 

時代の変化に対応出来なかったか…

 

それだけ強い個性を持ったギターと言えるでしょうね。

 

 

1986年になると、
ジャズマスターと一緒にフェンダー・ジャパンから再販されるようになります。

 

そして、1990年代に入ると、ニルヴァーナのギタリスト(カート・コバーン)が使用していたこともあって、オルタナ、グランジなどのジャンルで、

 

ジャガーは、再び脚光を浴びることになります。

 

 

カート・コバーンは、ピックアップをハムバッカー化するなど改造していましたが、これが多くのギタリストに真似されて流行ったため、コピーモデルも販売されるようになります。

 

2000年になると「ジャガーの人気があるなら」と、ついにはフェンダー・USAからも復刻版を販売し始めます。

 

 

カート・コバーンの影響力はすごいですね!

 

 

一見、姿かたちは、ジャズマスターにそっくり!

 

だから、同じような音がすると思われてしまいがちですが…

 

音の個性は全くの別物なんですよ。

 

では、ジャガーとジャズマスターの違いにも触れつつ、
ジャガーの特徴について見ていくことにしましょう!

 

 

ジャガーの構造(ジャズマスターとの主な共通点)

 

詳細はジャズマスターの記事で記述しているので、
共通点についてはサクッと見ていきます。

 

ボディの形は、座っても弾きやすい「オフセットウエスト」、
トレモロユニットは滑らかな音程変化がウリの「フローティング・トレモロ」、
瞬時に音色の切り替えが可能な「プリセット・スイッチ」を採用しています。

 

見た目のインパクトが大きいものばかりなので、
この辺りがジャズマスターと混同しやすい原因ですよね。。。

 

 

ここから先の記述がジャガーの特徴ですよ。

 

 

ジャガーの構造(パッド式のミュート機構)

 

ブリッジの手前にパッド式のミュート機構というものが搭載されています。

 

これは、金属のプレート部分を手動で持ち上げることで、パッドが弦に触れるようになり、ミュートされるって仕掛け。

 

フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)

 

 

ベンチャーズなどサーフ系音楽の、あの「テケテケテケテケ〜♪」というミュート音が流行ったため、搭載したんでしょうね。

 

 

でも、こいつを使うと半音近くも音程が上がってしまうという欠点が…

 

そのため、パワーコードブリッジミュートを絡ませるような演奏には、役に立たず、
取り外してしまうギタリストも数多くいるようです。。。

 

ちなみに、1986年にフェンダー・ジャパンからの復刻モデルには、ミュート機構は付いていません。

 

 

ジャガーの構造(ショートスケールのネック)

 

ジャガーは、ジャズマスターよりも長さの短いネックを採用しています。

 

ジャズマスターは、ストラトと同様の長さ324mmの21フレットですが、
ジャガーは305mm・22フレット、ギター全体としてもコンパクトで比較的軽量。

 

体の小さい方や女性には有りがたいですね。

 

また、弦を張る力が緩くなるため、弦を押さえ易いと感じる人もいるかもしれません。

 

 

でも、これには、大きなデメリットもあります。

 

弦落ちといって、強いピッキングやチョーキング、ビブラートなどした際に、
ブリッジにあるサドルから弦が落ちてしまうことがあります。
結果的に、チューニングの狂い、音が途切れたり、弾きづらくなってしまいます。

 

 

弦落ちの問題を解消するために、
6連サドルではなく、1ラインサドルに交換する、または、BuzzStopBarと呼ばれる部品を取り付ける人が多くいます。

 

 

う〜ん、手のかかるエレキギターですね。。。
でも、世話がかかる分だけ、愛着が湧いてくるものなんですよね。

 

 

ジャガーの構造(スイッチ)

 

ボディ1弦側にスイッチのようなものがありますね。

 

これらは、フロントとリアそれぞれのピックアップ(PU)のオン・オフを切り替えるスイッチと、低音域のカットが出来るスイッチ(ロー・カット・スイッチ)です。

 

フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)

 

 

  • PUスイッチ

     

    フロントPU・スイッチをオン
    リアPU・スイッチをオン
    両方ともオン
    両方ともオフ

    … フロントPUが選択される
    … リアPUが選択される
    … フロント・リアのミックスサウンド
    … 音が出なくなる


 

  • ロー・カット・スイッチ

     

    発売当初のジャガーは、低音域が強く出るので、それをカットする目的で付けられたようです。

     

    でも、特にフェンダージャパンの復刻モデルでは、低音域はそれほど強く出ないので、オンにしてもそれほど音色は変わらないようですね。。。

 

 

ジャガーのサウンド

 

オリジナルのジャガーのピックアップは、シングルPU。

 

これは、ジャガー専用に作られたピックアップで、コイルの形状、巻数、磁力は、それまでのストラトやテレキャス、ジャズマスターのものとは違います。

 

音の特徴としては、ジャズマスターとは対極をなす音で、シングルPUのストラトをより鋭くシャープにしたような、エッジの立った歯切れの良いサウンドが特徴です。

 

アルペジオとか弾いても1音1音が、非常に澄んでいて、非常に綺麗な響きがあり、
それでいて、コードを弾いたときには金属的な荒々しさも持っています。

 

 

現在のフェンダーでは、オリジナル構成のモデル以外にも、
ハムバッカーPUが搭載されているものもラインナップされていますよ。


ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ムスタングの特徴
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!