フェンダー・ムスタングの特徴

ムスタングは、1964年にフェンダー社から、
スチューデントモデルとして発売されたエレキギターです。

 

フェンダー・ムスタングの特徴

 

スチューデントモデルというのは、入門者用ギターという意味で、
ムスタングは、その中で最上級の機種としての位置づけ。

 

 

でも、このムスタング、、、

 

ボディが小さいのにサウンドに激しさを持っていて、
チューニングが狂いやすく、扱いにくいエレキギターとして有名です。

 

それを表すかのように、
「ムスタング」には、あばれ馬とかじゃじゃ馬などという意味を持っています。

 

だから、入門者用っていうには、どうなんだろうと疑問を感じるわけであります…

 

 

まぁ、このヤンチャなところがムスタングの大きな魅力でもあり、
事実、Char氏をはじめ、多くのプロギタリストにも愛用されているんですけどね。

 

 

さて、そんなヤンチャ者のムスタング、

 

発売当初は、特にサーフ・ミュージック系において人気がありましたが、
1982年にはフェンダー・USAでの生産はストップ。

 

1986年からは、フェンダー・ジャパンが生産を開始、販売されます。
90年代に入ると、グランジやシューゲイザーといったジャンルなどにおいて
再び人気が出てきます。

 

それからは、アメリカでも、日本から輸入して販売されるようになっています。

 

ジャズマスタージャガーと似たような歴史ですな。。。

 

 

ムスタングの構造(ショートスケール)

 

発売当初は、22.5インチで21フレットのモデルと、24インチ22フレットのモデルが存在しましたが、現在は、24インチのショートスケールのみとなっています。

 

また、24インチスケールの中でも、
ネックの太さが細めのAネックと、通常サイズのBネックの2種類が存在します。

 

 

ムスタングの構造(ダイナミック・ヴィブラート)

 

ムスタングには、軽い力でアームの操作が出来る「ダイナミック・ヴィブラート」というトレモロユニットを搭載しています。

 

こいつは、大胆なアーミングや独特の響きを出してくれる
その一方で、使う度にチューニングが狂ってしまうという厄介な面を持っています。

 

 

ムスタングのサウンド

 

可愛いサイズのエレキギターですが、
素直な音とは言えず、かなり暴れるまわる感じです。

 

低音域はチープでペラペラなサウンド、
高音域はストラトのような煌びやかさはないものの歯切れは良く、
中音域がグッと前に出てくる感じで音抜けが良いものが多いようですね。

 

また、ネックがショートスケールなので、ロングトーンは苦手です。

 

 

ピックアップ(PU)の選択には、スイッチを使います。

 

フェンダー・ムスタングの特徴

 

このスイッチは、フロントPU用とリアPU用でそれぞれ3段階の切り替えを持っていて、オン/オフ/位相を切り替えることができます。

 

その組み合わせで4つのサウンドバリエーションがあります。

 

フロントPU

リアPU

 

ON

OFF

フロントPUが選択される

OFF

ON

リアPUが選択される

ON

ON

2つのPUを直列にした厚みのあるサウンド

ON(orフェーズ)

フェーズ(orON)

アウト・オブ・フェイズ・サウンド

 

アウト・オブ・フェイズ・サウンドとは、2つのPUを同時に鳴らし、その際に片方のPUの位相を逆にしてミックスするといった接続方式で、出力が弱くなり、中低音域がバッサリと落とされた、鼻をつまんだような、とても独特なサウンドがします。

 

 

↓あなたにとってお役に立つ内容でしたら、ポチッとクリックしてください^^

 

にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ  

 

 Yahoo!ブックマークに登録する はてなブックマークに登録する はてなアンテナに登録する  バザールブックマークに登録する イザ!ブックマークに登録する

 

 

質問、疑問、感想、要望などありましたら、こちらより気軽にお問い合わせください。
http://hirotun-gt.com/mail/contact.html

いただいたメールはすべて目を通させていただいております。出来る限り早急に返信させていただきますが、1週間経ってもこちらから返信がない場合、届いていない可能性があります。お手数ではございますが、再度ご投稿お願いします。

ギター人気ブログランキング

 

エレキギターの上達

==>最短距離でエレキギターが上達する唯一の方法

関連ページ

エレキギターの種類と違いを徹底解説!
レスポール
ギブソン・レスポール・スタンダードの特徴
ギブソン・レスポール・スタンダードとトラディショナルの違い
ギブソン・レスポール・スタンダード2014の特徴
ギブソン・レスポール・トラディショナル2014の特徴
ギブソン・レスポール・カスタムの特徴
ギブソン・レスポール・スタジオ、ジュニア、スペシャルの特徴
レスポール スペシャルの特徴とおすすめ
レスポール ジュニアの特徴とおすすめ
ギブソン・SGの特徴
ギブソンSGスタンダードの特徴
ギブソンSGスタンダード2013年モデルの特徴
ギブソンSGスタンダード2015 伝統と最先端技術が融合され、攻めの姿勢を感じるモデル
ギブソン・ファイヤーバードの特徴
エピフォンの特徴
フェンダー・テレキャスターの特徴
フェンダー・ストラトキャスターの特徴
フェンダー・ジャズマスターの特徴
フェンダー・ジャガーの特徴(ジャズマスターとの違い)
フェンダーメキシコの評判ってどうなの?
フェンダーメキシコのテレキャス購入前の妄想
フェンダーメキシコのテレキャス・スタンダード購入と理由
フェンダーテレキャスターが届きました!これはおすすめのギターです!
PRS(ポール・リード・スミス)の特徴
PRS Starla(スターラ)
PRS mira
Suhr(サー)ギターの特徴
Suhr・Customの特徴(modern,classic,standard)
Suhr・Pro Series/J Seriesの特徴(modern,classic,standard)
Sugiの特徴
Sugi・スタンダードモデル
Sugi・ルシアーズ・コレクション
YAMAHAパシフィカの特徴
フジゲンのギターについて…
FUJIGENストラト・EXPERT OSの特徴
FUJIGEN(FGN)・EXPERT ELANの特徴
FUJIGENレスポール・EXPERT FLの特徴
FGN(FUJIGEN)ストラト・NCSTの特徴
FGN(FUJIGEN)レスポール・NCLSの特徴
モモセ(momose)のギターについて
モモセ(momose)ストラトMCシリーズ
モモセ(momose)ストラトMSTシリーズ
モモセ(momose)テレキャスMTシリーズ
hide50周年記念モデル「MG-480」 最新の技術を駆使してオリジナルモデルを忠実に再現!
モズライトの波乱万丈な歴史と現在
モズライトというエレキギターの特徴
モズライト・ベンチャーズ60年代モデルの特徴
ギターセミオーダー・アプリ(ダイナ楽器)
モンスターレリック SRV#1キット レフティトレモロ /MR-0209 
ゼロフレットとはこんなシステムです!